性同一性障害

性同一性障害

性同一性障害について

性同一性障害とは、体の性別と心の性別が異なる障害です。医学的に心は脳ととらえます。最近の研究で体に性別があるように、脳にも性別があることが分かってきました。つまり言い換えると、性同一性障害とは、体の性別と脳の性別が異なる事によって起こる障害と言えます。

アメリカの研究では、MtF(male to female:男性が女性になりたい方)は約3万人に1人、FtM(female to male:女性が男性になりたい方)は約10万人に1人とわれています。しかしもっと多いという意見もあります。最近では一定の条件を満たせば、性別変更が法律で可能になりましたが、専門医の診断が必要です。

性同一性障害の診断については、当クリニック心療内科医と他医療機関婦人科医によって行います。ホルモン療法は当クリニック心療内科医にて行えます。もし体の性別に違和感がある方、もしくは家族や友人にそういう方がいる場合は、気軽に当クリニックにご相談下さい。

当院の外来診察は「予約制」を導入しております。
098-868-2105

平日 / 午前9時〜午後5時30分
土曜 / 午前9時〜午前12時30分